枚方市遺品買取」タグアーカイブ

20130822_173522
枚方市G様より、遺品整理のご依頼を頂きました。
今回、遺品整理と言うよりは、事前整理になります。
ご依頼主はG様のお母様でした。

事前整理と言うのは、お亡くなりになる前に全ての荷物を片づけられる作業になります。

この度、福祉施設に入ることがお決まりになったG様。
こちらの家には戻ることはないと言うことで、整理することになりました。
形見になるお品や、息子様に渡しておきたい荷物などは全て分別された後なので、残りの荷物は不用品として回収することに。

回収致しました不用品はタンス・ドレッサー・食器棚・テレビ台・飾り棚・サイドボード・布団・ベッド・ソファなどの家財道具一式と、
冷蔵庫・洗濯機・テレビ・扇風機・エアコン・掃除機などは新しいお品だったのでお買取りをさせて頂きました。
作業自体は順調に進んでいき、スタッフ4名・作業時間は5時間。
回収トラックは2tトラックで2台半のお荷物量でした。

最後にお掃除をし、全ての作業が完了です。
G様に連絡をし、確認に戻って来て頂き無事終了致しました。
終始、複雑な表情をされていたG様。
遺品整理よりも、事前整理の方がお気持ちが辛いですね・・

ですが、この事前整理はとても大切な作業になってくると思います。
そういう時、私たちスタッフがどう言う風にご依頼主にフォローをできるかが重要になってきます。
まだまだ課題が多い遺品整理。
1件1件作業を終えるたびに、勉強させて頂いてるんだと実感致します。

G様、この度は当社をご利用頂き、ありがとうございました。

遺品大阪1
こんにちは。時刻は夕方ですが、まだまだ陽が強いですね;油断せず、残りの業務も頑張ります。

本日ご紹介させて頂く遺品整理の業務レポートは、枚方市C様。
故人はC様のご主人様です。

業務内容は遺品整理と、不用品回収とお掃除でした。
お部屋の中のご遺品は全てご遺族の方で分けられていたのですが、問題はベランダとお困りだったC様。
お見積りにお伺いさせて頂いた際、確かにスタッフも驚きました。
こちらのベランダが全て荷物で埋まっていました。

何があるかわからないとC様と娘様。
表面に出ているお荷物は雨ざらしになっていたので全て不用品として回収。
下の方になってくると、故人が生前釣りの際によく使用されていたベンチやクーラーボックスなどが出てきました。
どうされるかご確認頂いた結果、ご遺品として保管できるものは何もないとのことで、全て処分となりました。

回収致しました不用品はダンボールやテント・キャンプ用品・釣り具・長靴やブロック・レンガなどなど。
たくさん出てくる不用品にC様激怒されていましたが、どこか懐かしんだような笑顔が混じったものでした(^-^)

遺品整理でご依頼は頂きましたが、不用品回収と清掃のみで作業は完了。
最後、お仏壇の前でC様と娘様とたくさんお話させて頂きました。

その内容は、故人とC様の馴れ初めや、お孫さんが生まれた時の故人の反応・普段の故人の生活態度が・・・など、とても楽しいお話をたくさん聞かせて頂きました。
でも、不器用だけど本当に家族想いの優しい主人だったと。
C様も少し照れたのか、「ごみまみれにしてたけどね!」との一言も(^-^)

そのベランダもしっかり綺麗にしましたので、これからC様の大好きなガーデニングでお花でいっぱいになるとのことです!
この度の遺品整理はとてもほんわかしたものでした。

C様のたくさんの笑顔が見れてよかったです。
この度はご依頼誠にありがとうございました。